旅行中のトラブルもカードローンで

 僕は学生のころからずっと行きたかった場所があります。

それは鹿児島県の屋久島です。
世界遺産にも登録され、世界的にも注目の高い屋久島は、小学校で写真集を見てからずとあこがれていました。
特に樹齢1000年以上の縄文杉は、かねてから一度は見てみたいと思っていました。

しかし、僕が住んでいるのは東京です。
鹿児島県は遠くてなかなか行ける場所ではありませんでした。
 屋久島にあこがれをいだいたまま、大学を卒業し公務員になりました。

しかし、どうしても行きたいと思うばかりで、今年の夏とうとう鹿児島県へ旅行に行ってきました。
でも、そこでハプニングが起きました。

財布を落としてしまったのです。
そこでカードローンで旅行資金をねん出することにしました。
 正直、カードローンの審査が通るかどうか不安でした。
公務員はローン関連の審査が有利と聞いていましたが、まだ働き始めたばかりなので、カードローンができるのかわからない状態でした。
わらにもすがる思いで、ケータイでカードローンの申し込みを行いました。
 実際、カードローンの融資実行まではとても速かったです。
トラブル続きだった屋久島旅行ですが、カードローンのおかげで、縄文杉に会うことができました。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

三井住友銀行の個人向け融資の審査について

三井住友銀行でお金を借りるときには審査を受けなければなりません。
これはどんな融資を受ける場合であっても必要なことで、キャッシングを利用する際にももちろん受けなければならないものだと考えておきましょう。
三井住友銀行のキャッシングを利用するときには、実は2段階で審査が行われているということを知っておく必要があるでしょう。
まず、三井住友銀行が行うものがあります。
銀行独自に行うものだともいえるでしょう。
銀行の経営戦略上、顧客を絞り込むということは非常に重要なこととなってきます。
誰にでも貸し付ける銀行だというようになると企業イメージも低下しますから、銀行独自で絞込みを行っています。

銀行の顧客層として適した人にのみキャッシングのサービスを提供したいと考えるのは当然のことですが、そのための審査だといえるでしょう。
キャッシングのサービスを提供する金融機関には貸し倒れになるリスクがありますが、これを抑えるために三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンスの債務保証を利用しています。
ですから、実質的にはキャッシングの債権はSMBCコンシューマーファイナンスにあると言えるでしょう。
この会社の審査も受けなければなりません。
このように2段階の審査があるのです。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

ジャパンネット銀行で必要となる収入証明書

ilm01_ab02002-s
他のカードローン会社と同じように、ジャパンネット銀行でカードローン類の申し込みをする際には、必要書類というのがあります。
多くのカードローン会社では、本人を確認する書類と収入を証明する必要書類というのがあるのですが、ジャパンネット銀行においてもそれは変わりありません。
本人を確認する書類というのは、カードローン商品を利用する誰しも必要になるものですが、収入を証明する書類というのは、審査においてそれが必要となった人のみの必要書類です。
では、ジャパンネット銀行のカードローン商品で必要な収入を証明する書類は何なのでしょうか。
サラリーマンの方は、源泉徴収票(最新のコピー)、住民税課税決定通知書(最新のコピー)、住民税課税証明書(発行後3ヶ月以内のコピー)となっております。

ちなみに、勤続年数が1年に満たない方は直近か月分の給与明細のコピーが必要です。
そして個人事業者の方は、確定申告書、納税証明書、住民税課税証明書、住民税納税通知書が必要となります。
この必要書類ですが、ジャパンネット銀行の場合にはファックスか郵送で送るということになっております。
郵送の場合、宅配便やメール便では受け付けられませんので、注意しましょう。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

キャッシングの勤務実態調査

キャッシングの審査の一つとして勤務実態調査があります。
申し込みをするときにはどの会社で働いているのかを記入することが必要なのですが、
その会社で本当に働いているのかどうかを判断するものとして勤務実態調査があるのです。
このように言うと、
非常に厳しい審査が行われると考える人もいると思いますが、
その内容は本当に働いているかどうかだけです。
具体的には、
会社に電話がかかってきて本人が呼び出されることになります。
電話がかかってきたときに本人がいてもいなくてもかまいません。
働いていることが分かれば良いわけです。
会社に電話をしてきて、
実際に働いているかどうかを確認されることはありませんし、
年収を聞かれるわけでもありません。
ですから、心配する必要はないでしょう。
もちろんですが、そのときには個人名で電話がかかってきますから、
キャッシングを利用しているということが知られることはありません。
キャッシングの審査では、勤務実態調査が行われることもありますが、
行われないこともあります。
例えば、インターネット上で申し込みが完結するシステムの場合には、
このような調査が行われないことのほうが多いでしょう。
会社に電話がかかってくると困る
というい人の場合には、このようなサービスを利用しましょう。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

CARENTの借り入れは保証人が必要?

CARENTは比較的営業開始してから日が浅い消費者金融ですが、カードローンのバランスが良く、人気が徐々に高まってきています。
サービス内容自体はインターネットに良くあるカードローン同様、利用しやすいシステムになっています。

また、おまとめローンや不動産担保ローンなどの大口融資も充実しており、必要に応じて借り入れができる優れたサービスです。
CARENTではカードローンを利用する時に保証人が不要です。
それでいて、他社のカードローンと比べると金利が低くなっており、年7.8~18%で借りることができます。
通常、保証人不要のカードローンでは、貸し倒れを防ぐために利率が高くなるケースが多いのですが、CARENTでは保証人が不要な上、金利も銀行や信販系に並ぶほど低金利で融資を受けられるので、利用者がどんどん増えています。
また、新規申し込み、借入れ、返済が全てインターネットやatmで完結しますので、全国どこに住んでいても利用ができるのも人気の理由のひとつです。
大手の消費者金融や銀行では申込んでも融資が受けられなかったという人は、自宅からでも簡単に申込みができるCARENTでカードローンの新規申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
phm01_0020-s


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

車を買うならカードローン

車を買うならカードローンで購入するのがお得です。
なぜなら、通常のローンではポイントが付いたりしませんが、カードローンで購入するとカードローンのポイントをためることができます。

そのカードごとに還元率や、特典は違いますので、自分に合った特典がついているカードローンを探すことが重要です。
また、ポイント還元率も百円単位のものもあれば、千円単位のものもありますので、注意が必要です。
車ともなると、購入額が多いので、かなりのポイントを貯めることができます。
しかし、カードローンには限度額が設定されているため、その車を購入できるだけの枠があるかを確認しておくことが必要です。
場合によっては限度額の枠を広げてもらえる場合もありますので、カード会社に問い合わせてみてください。
また、その車の販売会社にもよりますが、カードと現金で支払うというようにいくつかの支払い方法を併用できる場合もあります。

この方法が利用できる場合には、カードの限度額分までカードローンを利用し、残りを他の方法で支払うというようにすると、貯まるはずだったポイントを無駄にすることなく付与してもらうことができます。
大きな買い物をするときこそ、支払い方法にも無駄の無いように考えることが重要です。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

アルコシステムを利用する際の金利計算

アルコシステムは他のカードローンと同様に、実質年利は18%です。

しかし貸付額が10万円未満の場合の金利計算は20%で行います。
これに基づいて金利計算を行うと、9.9万円を12分割で借りた場合月々の支払金額は9169円となり、10万円を12分割で返済した場合は9168円となるのです。
2%の年利の違いは金利計算をしてみると、10万円前後を1年で返済する場合には、そこまでひどく差が出るというわけではありません。
10万円を借入したい時に9万9千円という貸方をするとうのがアルコシステムではよく見られますが、金利が2%高くなることを狙ったものと考えられます。
アルコシステムはカードローンのようにリボルビング形式を採用していませんので、月々返済してゆきます。
この方法ですと金利計算も明確ですので、カードローンでリボ払いを選択するよりも返済計画が立てやすくなります。

リボ払い式のカードローン返済時に掛かってくるいつまでも借金がなくならないストレスは大きなものですから、カードローンは便利とは言えその点が問題です。
アルコシステムのHPには簡単に金利計算が出来る早見表がありますので、それを見て計画的に返済ができる金額で申し込んでましょう。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

愛知銀行のカード利用ローンの借入手順について

ilm22_ab03016-s愛知県に本店を置く地方銀行に愛知銀行があります。

この愛知銀行では他の銀行と同じように現金の簡単借り入れサービスの『カードローン商品』の取り扱いをしています。
この愛知銀行のカードローンには多くの特徴があります。
借入の利用限度額については30万円コースと50万円コースの二つの内から選択をする形となっていて、適用金利については年13.00%となっています。
また、返済については指定をされた日時に1万円が指定口座から引落をされる形となります。
この愛知銀行のカードローンについて借り入れするまでの手順は至って簡単です。
まずはインターネットやFAXや郵送で審査の予約申し込みを行います。
この申し込みの中で年収や勤務先や勤続年数、他社での借り入れ状況など多数の情報を申告する形となります。
その後、審査が開始をされ、その中で問題なしと判断をされれば審査結果の通知を受けて、実際の契約を締結後、カードローン専用のカードが発行をされ、以後はATMなどを利用をして簡単に現金の借入をすることが出来るような手順となっています。

このように愛知銀行のカードローンの借入手順は至ってシンプルなものとなっていますので、カードローン利用を検討している方は選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

カードローンと印紙税の税金の関係について

カードローンの契約には『印紙税』がかかってくる事を皆さんはご存知でしょうか。

印紙税とは文書に掛かる税金になります。
この税金はなにも全ての文書に掛かってくるわけではなく、金銭関係の契約の文書についてのみ掛かってくるものとなります。

つまり、カードローンの契約書にも実は印紙税がかかってくるのです。
この印紙税は契約をした金額によってかかる税金が変動をするもので、10万円以下のものは200円で、50万円以下のものは400円といったような構成になっています。
指定の金額の印紙を書類に貼付する事で納税が実施をされることとなります。

それではこのカードローンの契約の印紙税は誰が負担をすべきものなのでしょうか。
本来、印紙税は当該文書を作成した側が負担をしなければならないものとなっています。
つまりカードローン契約においてはカードローン会社が契約書を作成する形となりますので、税金の支払い義務を負うのは基本的にはカードローン会社となるのです。
つまり、利用者側は一切税金を支払う必要性は無いのです。
ただし、この印紙代の負担を利用者に求める業者も中には存在をしています。
このように実はカードローンの契約と印紙税には深い関係があったのです。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

楽天銀行なら低い金利で借りられます

楽天銀行カードローンは、楽天グループが運営する個人向けのローン商品であり、多くの人が利用しています。
楽天銀行カードローンの大きな特徴として、低金利であることが挙げられます。
金利は年利4.9~14.5%と大変低い水準となっており、これは消費者金融や信販系ローンに比べた場合はもちろんのこと、銀行系カードローンにおいても極めて低い金利となっており、おそらく業界トップクラスと言っていいと思います。

また、融資限度額は最大で500万円とこちらも大変大きいので、カードローンの一本化や借り換えにも最適です。
申込みはインターネットから簡単に手続きをすることが出来ますし、即日現金が必要な場合には、審査通過後の契約時に即日振込サービスを利用することでキャッシュカードの到着を待たずに現金を手に入れることが可能なので、この点も安心です。
さらに、200万円以下の借入であれば、収入証明書などの書類は必要なく、本人の身分証明書のみで手続きが出来ますので、大変便利です。
さらに、楽天銀行カードローンは専業主婦の融資限度額が最大50万円となっており、これについても業界トップクラスです。
このように、楽天銀行カードローンは、金利サービスがとても優れているだけでなく、総合的に見て大変利用しやすいカードローンなのです。


Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。